在宅で楽しくお小遣い稼ぎできる方法

本ブログの読者の皆様は、日々、副業やお小遣い稼ぎの情報を求めているのではないでしょうか?

本記事では、在宅でも移動中の車内でも、日々のちょっとしたスキマ時間できる、お小遣い稼ぎ方法をご紹介します。

アンケートモニター

始めやすさ★★★

稼げる度合い★☆☆

近年一般的になってきているのがこれ、アンケートモニターです。アンケートモニターとは、各企業が自社の商品やサービスについて消費者の声を集めるアンケートに答えて、ポイントや商品券がもらえるというものです。「アンケートサイト」に登録すると、そのサイトから様々な企業やサービス、商品についてのアンケートが送られてきます。それに答えると、謝礼としてポイントが獲得できます。アンケート内容直ぐに終わる簡単なものから、わりと長めのものまで、色々です。貯まったポイントは、換金したり商品券と交換できたりします。

例えば、楽天なら利用している方もきっと多いですよね。楽天ラクマの「楽ラクお得ナビ」でも、アンケートに答えて楽天ポイントが貯まるキャンペーン情報などがたくさん紹介されています。ぜひ一度、覗いてみてはいかがでしょうか?

アフィリエイト

始めやすさ★☆☆

稼げる度合い★★☆

個人ブログやSNSなどを運営しているならやはり、アフリエイトがおすすめです!アフリエイトは広告運用とも呼ばれ、インターネット広告で収入を得る方法です。

アフィリエイトには、主に2種類あります。1つは自分のブログなどのメディアに紹介したい商品のリンクを配置して、それをクリックしてもらうことで報酬を得る「クリック報酬型」、もう1つはリンク先のサイトで実際に商品購入されたら報酬が発生する「成果報酬型」です。

成功報酬型での報酬は、商品の価格によって異なります。通常は売上金額に対して、料率をかけた金額が報酬として入ります。

例えば、20,000円の商品が実際に1個売れて、2%の料率が適用された場合、20,000円×2%=400円の報酬になるわけです。コツはいりますが、趣味などで好きな分野がある場合は、その関係の商品を紹介したりすると楽しく稼げるかもしれません。

ブログ広告

始めやすさ★☆☆

稼げる度合い★★☆

これ、アフリエイトと間違える人も多いようですが別ものです。ブログやサイトには、大体、広告が表示されていますよね。これは、いわゆる「ブログ広告」といわれるものです。「Google AdSense(グーグルアドセンス)」などが有名ですね。

Google AdSense は、Googleが提供している広告サービスのことです。アフィリエイトの場合には、紹介する商品についての紹介記事を書く作業が必須になりますが、ブログ広告であれば、購入者の閲覧履歴や検索履歴などから、最適化された広告が自動表示されるため、用意するコンテンツはそこまで左右されません。

そして、収益の得方もアフリエイトと異なります。Google AdSense の場合は、収益はPVに比例します。つまり、閲覧者が広告をクリックするたびに収益が発生します。報酬は、平均的には1クリックで20~30円です。

オンラインカジノで遊んで稼ぐ

始めやすさ★★★

稼げる度合い★☆☆

皆さんは、オンラインカジノって知っていますか?その名の通り、インターネットで遊べるカジノのことです。本場さながらに、バカラ、ルーレット、ポーカーといった定番カジノゲームが遊べるほか、数百種類ものビデオスロットも楽しめます。ライブカジノといって、海外の本物のカジノにいるディーラーと中継で繋がってテーブルゲームをプレーできるサービスもあります。

オンラインカジノの特筆すべき点は、なんといってもリアルマネーをやり取りできる点です。運営元が海外なので、日本からでも可能なのです。

最初は勝てる自信が無い。。。という方は、負けたら一部返金されるギャンボラカジノのようなサイトがおすすめです。

ギャンボラカジノに関する詳しい情報を読むならこちらから:https://bestjapanesecasinos.com/review/gambola/

どんなオンラインカジノサイトがあるのか、まずはリサーチから始めたい人は、ここをクリックして様々なサイトのレビューをチェックしてみましょう。日本円で遊べると、安心ですよね。また、日本語対応しているカスタマーサポートがあるサイトを選ぶとよりよいでしょう。

とはいっても、ギャンブルは必ずしも稼げる方法ではないので、「運が良ければお小遣い稼げるネトゲ」程度に考えておくのが良いでしょう。まぁ、ジャックポットが当たらないとも限らないですけどね!

フリマアプリで不用品を売る

始めやすさ★★★

稼げる度合い★★☆

メルカリが有名なフリマアプリも、お小遣い稼ぎの方法です。メルカリの他にラクマなどもあり、システムはあまり変わらないのですが、それぞれとられる手数料が異なります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*